保育所等訪問支援事業|障害児支援サービス

保育所等訪問支援事業とは、平成24年の児童福祉法改正で創設されたサービスで、放課後等デイサービスや児童発達支援と同じ「障害児通所支援サービス」の一つとなっています。

保護者からの依頼を受けて、保育所、幼稚園、学校などの施設へ通う障害児に対し、訪問支援員がその施設へ訪問し、集団生活を営む障害児への専門的な支援や施設の先生やスタッフへ助言や情報交換などを行います。

放課後等デイサービスや児童発達支援との多機能型事業所として指定を取得されることも多い障害児通所支援サービスとなっています。

保育所等訪問支援事業の指定基準

ほかの障害児通所支援サービスと同じように、法人格や人員基準などの指定基準が定められています。

保育所等訪問支援を開業するための指定基準は、次のとおりとなっています。

1.法人格があること。

法人には、株式会社、合同会社、NPO法人、社会福祉法人などの法人があり、申請要件として法人格が必須となっています。

また、法人の定款に記載する「事業の目的」の文言については、該当する事業を行う旨の記載をするよう必要があります。

2.利用者の定員

利用者の1日の定員は、多機能型や重症心身障害児を通わせる場合(定員は最低5人)を除いて、1日10人以上であること。

3.人員要件

常勤の管理者、有資格者のサービス提供責任者や居宅介護員の配置など、以下の基準を満たすよう配置する必要があります。

管理者
  • 常勤の管理者1人以上
  • 資格要件は特にありません。
  • 児童発達支援管理責任者との兼務は可能。
児童発達支援管理責任者
  • 常勤の者を1人以上配置。
  • 資格要件:次の要件をいずれも満たすこと。
    <実務経験要件>
    障がい者又は児童の保健・医療・福祉・就労・教育の分野における直接支援・相談支援などの業務における実務経験が3~10年あること。
    ※うち3年以上は障がい児支援・障がい福祉サービス・児童関係であること。
    <研修受講要件>
    相談支援従事者初任者研修(講義部分)受講、及び児童発達支援管理責任者研修修了していること。

 

訪問支援員
  • 資格要件:障害児支援に関する知識及び相当の経験を有する
    ①児童指導員、②保育士、③理学療法士、④作業療法士又は⑤心理担当職員等であって、集団生活への適応のため専門的な支援の技術を有する者とする。
  • 配置数:常勤換算等はありません。
機能訓練担当職員
  • 資格要件:理学療法士、作業療法士、言語聴覚士及び心理指導担当職員
  • 日常生活を営むのに必要な機能訓練を行う場合に、機能訓練担当職員を設置します。

4.設備要件

保育所等訪問支援事業を行うための事業所の設備として、以下の基準を満たす必要があります。

  • 事務室
  • 鍵付きの書庫
  • 相談室
  • 感染症予防のための手指洗浄設備
  • トイレなど。

介護事業・障害福祉事業についてのお問合わせ

ひかり行政書士法人では、介護事業・障害福祉事業についてのご相談や指定申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

京都府・滋賀県・大阪府・兵庫県での介護事業・障害福祉事業についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

その他の許認可申請について

その他の許認可申請についてお調べの方は、ひかり行政書士法人の総合サイト「許認可.net」もぜひご覧ください。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

    電話番号 (必須)

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    直接の相談をご希望の方は日時をご選択ください
    ※カレンダーのアイコンをクリックすると日付が選べます。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ※先約が入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

    ご相談の内容

    ページトップへ戻る